子どもたちの様子をほぼ毎日、園長ブログで発信しています。

モンテッソーリ教育の特徴

 

クリックすると紹介パンフレット(PDF)が開きます

白百合幼稚園は1951年の創立当初から「人は神に似せて作られた。だから、誰でも愛される価値がある」という聖書のことばに基づいたモンテッソーリ教育を実施しています。

モンテッソーリ教育とは、マリアモンテッソーリ女史(1870~1952・イタリア)の観察、体験、研究を経て体系づけられた教育法で、以下の特徴があります。

個人教育を基本に円満な全人教育

モンテッソーリ教育は、学校教育法に定められた教育保育内容をより豊かに、かつ総合的に追及する教育法で、子どもの個性を限りなく伸ばすために個人教育を基本とし、円満な全人教育を目指しています。

モンテッソーリ教育では、 同年齢の子供たちを一斉に教育する従来の方法とは異なり、子供の発達を年齢別に区分けして、ひとり一人その発達に応じて自分の経験を通して自らの能力を最大限に伸ばす教育法です。

モンテッソーリ教育の3つの特徴

  1. 教師が子どもを一斉に同じ方向を向かせるのではなく、子どもの個人差を発見し、その能力を最大限に引き出そうとする教育
  2. 教師中心の教育ではなく、子ども中心の教育
  3. 個性、自由、感覚の3つの要素を重視し、それを支える豊かに整備された環境の中で、科学的に研究された特色のある教材、そして教師

教師の3つの柱

—子どもを信じ、信頼関係を深めます
—一人ひとりの豊かな成長に希望を見出し関わります
—かけがえのない「ひとり」として愛を持って受け入れます
基本的運動
歩く、座る、立つ、持つ、運ぶ、置く、しぼる、つぐ、折る、切る、貼る、縫う… 社交的ふるまい:戸の開閉、あいさつ、返事の仕方、人への接し方、感謝とおわび... 環境への配慮:作業のための準備、じゅうたん運び、じゅうたんの巻き伸ばし...
日常生活の領域
基本的な生活習慣を身に付けます。 色々な道具を使って正しい扱い方、上手な仕事の仕方を身に付けます。 集中力、注意力、自立心など心身の発達に大切な能力、心情を身に付けます。 そ...
感覚の領域
3~6歳は感覚の敏感期と言われます。精神的発達、つまり「人格」を形成する重要な時です。感覚が正常に発達するためには、一連の感覚運動的な経験を積まなければなりません。そのためには、感覚を訓練する必要があります。
数の領域
数量概念の基本練習 数の棒 紡ぎ棒 その他の基本教具 セガン板(Ⅰ)セガン板(Ⅱ):数の連続性を量的に把握する教具 数字カードと玉:数字に合う玉(具体量)を並べることによって、数に奇数と偶数があることに気付かせます。 ...
言語の領域
モンテッソーリ教育では正しい『ことば』に興味を持って身に付けていくために、色々楽しいゲームも取り入れています。物の名前を『ことば』『文字』と結びつける活動で無理なく文字にも親しんでいきます。
文化の領域
人類は長い歴史の中で多くの優れた文化を作り上げてきました。子供たちは、未来に向かって長い時間をかけ、自分たちの文化を作っていきます。このような文化を、モンテッソーリ教育では地理、歴史、生物、地学、音楽、美術などに渡って広く学んでいきます。
タイトルとURLをコピーしました