いろいろと制限を強いられる毎日の中で春の陽気の中久しぶりの野外活動

、しかもつまりお別れ遠足のことですが…

奥は魚見岳。車道の上黒い影状がサッカー場。

奥は魚見岳。車道の上黒い影状がサッカー場。

二年前に完成したフットボールパークまでの道のりは大人の足で約30分。Aさんたちは徒歩、Bさんたちは往復とも半分徒歩であとはバス。さくらさんたちは往復バス。

ひねもすのたりのたりかな…

ひねもすのたりのたりかな…

一足先に出発して御領が池の野鳥たちを観察しました。真っ黒に真っ白の腹部が特徴的なカモの仲間のキンクロハジロが目立ちました。歩道脇の植え込みではレンギョウがいくつか早くも花を咲かせていました。

一足早く目覚めました

一足早く目覚めました

手前の芝生は冬枯れなのに、特別な芝が敷かれているというサッカー場は青々として、しかも5センチほどもあると聞いて驚きました。まるで公園のようで、多くの親子でにぎわっていました。

帰りは汗ばむほどで着いたら着替えを必要としたほどでした。

タイトルとURLをコピーしました