奄美の梅雨入りに刺激されたような雨の降り方でも子どもたちは

いつものようにオシゴトに専念

ピタゴラス板

ピタゴラス板

久しぶりにお隣のクラスを覗いてみました。AさんのYちゃんがピタゴラス版に挑戦していました。感覚教具ですが、実は直角三角形の底辺の2乗+高さの2乗は斜辺の2乗に等しいというあのピタゴラスの原理をいわゆる「見える化」したものです。

他に目についたのはAさんのじゅうたんの畳み方。とくに、風格を増したYちゃんは慣れた手つきでスムーズ。しかも丁寧。さすがAさん!もう一つは静けさ。おしゃべりはもちろん物音一つしないのです。

いつものことではあるのですが、昨日のホールでの賑やかで楽しいリクレーションが印象に残っていたせいだと思います。ともあれ、こうした動と静のバランスこそ成長した人格のしるし。嬉しいでした。

タイトルとURLをコピーしました