子どもたちの様子をほぼ毎日、園長ブログで発信しています。

持久走本番は子どもたちにとってもそれぞれのテンションアップの時

朝のお祈りにも決意のほどが

「かみさま、きょうはじきゅうそうほんばんの日です。いっしょうけんめいがんばることができるようにおまもりくださ。」会場の競技場に移動する前のお集まりでのお祈り。Aさんにもなると、「だれかおいのりしたいおともだちはいませんか」の呼びかけに手を上げる子が多くなる。「ほんばん」はいわゆる大人の言葉だと思うが、耳にしている内に「当日」であることが自然に分かるようになるらしい。9:30出発して競技場入り。

3人も上に上がったので寂しくなりました

3人も上に上がったので寂しくなりました

いつもはCさんとしてお仕事しているが今日は古巣のさくら組

3歳になったばかりのCさんなので古巣のお友だちと65mを走る。会場には一番乗りだった。cさんの距離はトラック一周なので400m。ボクにはやはり難しかった。

持久走本番①

Bさんは体こそAさんとは見るからに違うのだが一周半

さすがに力強い走りだった。

持久走本番②

Aさんは最後の走りとあって一段と気合いが入っていた。

とくにT君はあの大きな体で数人をごぼう抜き。おっとりと穏やかな性格の子だが内に秘めた熱いものを感じた。それぞれがそれぞれの思いで臨んだ持久走は、転んだ子もいたが大きなけがもなく、しかも140数名という大勢の観客の中で盛大なものだった。ついこちらのテンションも上がって「来年はAさんと走れるように頑張ります」などと言ってしまった。何よりもナイスショットをいくつも逃して申し訳なかった。

持久走本番③
タイトルとURLをコピーしました